終末期の生き方を語る会(在宅死、在宅介護、在宅医療)

次回は2021年2月17日(水)
テーマ:ひとり一人が自分自身のこととしてとらえていく準備をする。

11月18日(水)、の話し合いから(抜粋)
資料:生活保護受給率

 人口重々社数十九割合捕捉率
日本1億2000万163.7万1.60%18%
ドイツ8177万793.5万9.70%65%
フランス6503万372.0万5.70%92%
イギリス6200万574.0万9.30%47~90%
スウェーデン942万42.2万4.50%82%

“終末期の生き方を語る会(在宅死、在宅介護、在宅医療)” への1件の返信

  1. ☆ 記録: 渡邉
    出席者:槙島、湯本、西村、椿坂、大矢、湯本、大塚、長島、渡邉

    日本は恥の文化、人の世話になるのが恥ずかしいと思う歴史がある。
    障害を持った方に対しても同様で、支援学級ができた頃は落ち着かなかった。
    生活に困窮している家庭の子は進学が難しく、低所得家庭の子を別に面倒見ている。
     →子供を分断することになる。

    お金は生活に必要
    国民年金は月に5・6万円程度。
    無年金の人もいることが、今回のコロナで判明した。
    どのように生きていくか考えているのに、今私たちはどうやって死のうか話している。

    年金では生活できず子供も面倒を見られず、入所先からは驚く金額の請求が来る。
    死ぬに死ねない。ずっと働かなければならない。仕事を探してもない。どうしたらよいか。

    支えあいが必要。若者が少なくなる。若者のが支える意識を持つことが必要。
    交流の場があるといい。

    人はいつ死ぬかわからない。いつ死ぬかわからないのだから若者を含め皆同じ。
    自分のありのまま、自然の状態をどれだけ維持して自然でいられるか。
    お金の問題、健康問題、いろいろあってもあるがまま自然な状態が一番いい。
    戦後食糧難の時代に育ち、栄養失調であおっぱなの生活だった。
    兄弟多く里子に出され育ったが、今より良かった。人と人の信頼感、家族近所どこでも
    困った人をほおっておかない、思いやり優しさがあった。損得勘定では動かなかった。
    困ったら頼ればよい。政治の仕組みがあっても市民同士での支えあいが出来てくれば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です