ホームページ

次回のたまり場は12月11日(金)事前申し込みが必要。
①参加費:300円とし食べ物は抜きで行う。自分の飲み物は持参する(種類は問いません)
②マスクは着用してくる。
会場は公益財団法人社会教育協会ホール(シンデレラビル3階)。19時~。
※次回以降も、毎月第二金曜日となります。
メール:hinofuku@hotmail.com(事務局)
     maxy4294@gmail.com(槇島)
      電話 080-6537-5692(槇島)

終末期の生き方を語る会(在宅死、在宅介護、在宅医療)

次回は2021年2月17日(水)、事前申し込みが必要。
①参加費:300円とし自分の飲み物は持参する。
②会場は公益財団法人社会教育協会ホール(シンデレラビル3階)。19時~。
③マスクは着用してくる。
④テーマ:ひとり一人が自分自身のこととしてとらえて準備をする。

メール:hinofuku@hotmail.com(事務局)
     maxy4294@gmail.com(槇島)
      電話 080-6537-5692(槇島)

知って得する・・・ 日野福祉の学校・連続講座 シリーズ ・・・

2020年3月22日開催 (新型コロナウイルスのせいで、中止)
まちがいだらけの介助!していませんか?
「こんなに楽な介護方法があった!」

時間 10 時 12 時 (受付 9 30
場所: 日野市立カワセミ ハウス 集会室
交通:R中央線 豊田駅北口より 徒歩 7 分

日野福祉の学校 設立趣旨書

人生80年、私たちがかつて経験したことのないすばらしい時代がやって きました。しかし、このすばらしい時代を真に自分達のものにするために はたくさんの課題があります。
21世紀を目前にして私たちは、時代の急激な変化に遭遇しつつあり、特 に介護保険の実施をはじめ、社会保障の分野で根本的なシステムの転換を目 の当たりにしています。
高齢者の健康維持と地域での介護システムの充実が求められています。また、 ノーマライゼーションの思想が普及し、高齢者だけでなく様々なハンディキャ ップを持ちながら自立を目指す人々が増加しており、社会的に支える地域ケア と保険・医療・福祉の連携がますます重要になっています。
私たちは、長寿の時代をリードする社会システムの変化が、市民の人権を 保障し、誰もが安心して生きられる社会の現実、言い換えれば憲法第25条 の実現の方向に向かって欲しいと願っています。
私たちは、市民相互の学び合いと共同のネットワークに裏打ちされた自治の 力、市民の福祉力が新しい社会の素地をなすものと考えます。
私たちは、保険・医療・福祉の諸制度を現実から互いに学び、人材の養成に 寄与し、多くの市民活動の接点となり、各種情報の収集・提供や、悩みごとや 発案の相談相手にもなれる、「特定非営利活動法人日野福祉の学校」をスター トさせます。
《役員》
理事長 槇島 和治 、 副理事長 湯本 宣
理事 石塚貴之、梅崎滿洲夫、川松 ゆり、中能 孝則、藤永 清和、渡邉 雅子
監事1名
《顧問》
飯塚 幸子  実践女子大学元学長

今や、人生100年時代。設立からの、時の流れを感じます。

2019年度事業報告書

お知らせ

たまりば

地域の中に、なんでも相談できる仲間が増えることはなんと素敵なことでしょう。人の話を聞く、自分も語る、そしてできそうなことは実施してみる。その繰り返しの中で、これから先の地域の在り方、自分の生き方等々、何かが見えてくるような気がします。『たまり場』はいつでも前向きに語り合う仲間の集まりです。お誘いあわせの上、是非、ご参加ください。
 2020年11月現在 新型コロナウイルスっ感染症対策のため飲酒はできません。

12月のたまり場は、12月11日(金)19:00から、公益財団法人社会教育協会会議室。

お問い合わせ

Mail: hinofuku@hotmail.com

Tel:槙島042-586-1624  080-6537-5692