**一緒に働きましょう!**

理事 渡邉 雅子

介護のお仕事は、人との関りです。
お仕事なのに、「ありがとう」をたくさん言っていただいて、「こちらこそありがとうございます」と気持ちがほっこりします。
人生の先輩のご利用者様からいつもたくさんお教えいただいています。

少しでも興味のある方は月に1時間でもご一緒に働きませんか?
介護のお仕事には不思議な魅力があります。

子育て中でも、隙間時間での就労は可能かと。
今は、1回20分からお仕事はあります(介護の資格は必要です)。
「おじいちゃんやおばあちゃん力になっているの」の会話を小さな子が聞いて、温かな気持ちの子供が育ち、みんなで助け合える地域つくり
ができたら嬉しいな、と考えています。

健康に生んでくれた母に感謝

理事 中能孝則

幼いころから、おなか一杯に食べてみたかったものの一つにバナナがありましたがそのころは病気でもしない限り食べることはできませんでした。

近所の友達が風邪をひきバナナを食べているのを見ると「自分も風邪をひいてみたい」と思ったこともありました。しかし、母がとても頑丈な子に産んでくれたお陰様で、バナナにありつけることはありませんでした。

あるとき父がひと房のバナナを何処かで頂いてきたので、喜び勇んで母のもとに行ったのですが、母は「まずは仏様にお供えしてから」と話し仏様の前にお供えしました。

私は、いつになったら食べられるのだろうかと仏様の前を通るたびにつばを飲みこんだ記憶があります。そして、そのバナナは1週間後くらいに私たちの目の前に出され、皮に黒い斑点のようなものが現れていたバナナをいただきましたが、このバナナがとても柔らかくとろけるように美味しく、お金を稼げるようになったら毎日バナナを食べたいと思っていました。

そして、上京し最初の給料でバナナをひと房買い求め毎日食べました。その後も我が家の食卓にはバナナがありました。

しかし、6年前に心筋梗塞を患うとともに、様々な生活習慣病も発症いたしました。そして、お医者さんからは、「まずはやせる努力をしなさい」と言われ、鬼のような家族の愛に支えられての食事制限と運動療法が始まりました。そのかいあってか病気の前には90キロ超えていた体重が今では70キロを下回るところで維持できています。

その後、かかりつけの先生のところに通うようになりましたが、カリウムの値が下がらず、食べているものを書き出したところ、バナナに多く含まれていることがわかり、先生からは「バナナはあなたの食べ物ではないです」と言われました。それ以来クッキー等に入っているものを間違って食べ無いかぎりバナナを口にすることはなくなりました。

さらに調べてみると、大好きな干し柿をはじめ乾燥した果物には大量のカリウムが入っていることも分かりました。干し柿などこれからがシーズンなのにと思いつつも、健康に生んでくれた母に感謝しつつ、「健康が一番」を大切にしていきたいと思う今日この頃です。

コミュニケーション能力を考える

副理事長 藤永清和

 新型コロナやプーチンの戦争、習近平の独裁など、地球規模で心配の種は尽きない。武漢で発生した時ならゼロコロナ政策が有効だったかもしれないが、あのときは「人から人へはうつらない。空気感染はしない」など誤った情報で感染を広げた。そして、世界中がコロナはゼロにならないことを前提にしているとき、一国ゼロコロナ主義がうまくいくとは考えられない。また、プーチンらが平和を望むとは思えない。このような世界情勢の中で、我々はどのように生きたらよいのか思いめぐらしている。

 ところで、障害者に対して健常者という。さて自分は常に健やかなる人であろうか。病める時も健やかなる時もあるのではないか。それなのに自らを健常者と称するのはいかがなものかと思う。そして、健常者の偏見や他者を見下す態度をどう考えたらよいのだろう。障害者を差別している人を健常と言うことに違和感を覚える。弱い立場の人が引け目を感じるのも健常者のせいではないか。

 障害者施設を訪れると「親亡き後」が心配だという高齢の親の話が出る。それは社会が障害者を受け止めていないからだ。時には障害者グループホーム建設に反対運動が起こる。障害者の特性をよく理解して障害者のパニックを誘い、「ほら障害者は危険だ」という「健常者」もいる。福祉事業所では地域とのかかわりを大切にしていると理念や行動指針では語る。しかし障害者が地域になかなか溶け込めていない現実がある。無神経な「健常者」のふるまいのために外出できない障害者もいる。

昨今はコミュニケーション能力が重視されている。その人の他の能力よりもコミュニケーション能力が大切だとさえ言われる。しかし、コミュニケーションは情報共有や意思の疎通を意味し、双方向のものである。相手にコミュニケーション能力を要求するのは、意思の疎通に苦労したくないからではないか。コミュニケーション能力の重視は分かり合うための努力や人の多様性を認めるのと違う方向に向かっているように思われる。「ほうれんそうは賛成土壌には育たない」ことも忘れてはならない。

ゴゲジャバルの気持ち

理事長 湯本とおる

いたずら小僧にヒゲを切り落とされてしまったゴゲジャバルに、痛く同情した村人たち(庄屋さんやばあさんや若者たちまで)、夜通し「ホーイホー!」と祈り続けたものでした。

あんまりガンバッタので、つぎの日の野良仕事ができなかったり、連夜なので体調をわるくして寝込む人まで出る始末。

村人が熱い応援をくり広げていたとき、ゴゲジャバルはなにをしていたのでしょう。

朝な夕なに村人たちは、ゴゲジャバルのヒゲが伸びたかどうかたしかめにやってきてはのぞき込みました。それに、夜ひるかまわぬ熱心な応援に、ゴゲジャバルは寝付けないのでうるさそうに薄眼をあけてぼーーっとしていました。

そんなある日、とうとうゴゲジャバルは起きあがってブルブルと身震いをしてから、ひとつなが^~~~い伸びをすると、フラフラとどこかへいってしまいました。

それから何か月もゴゲジャバルを見かけませんでした。あるとき庄屋さまが村はずれで見かけたゴゲジャバルには、りっぱなヒゲが戻っていました。そして、庄屋さまの顔を見ても特に親しげでも感謝する風でもなく、そこら辺の草でも見るような目をして通り過ぎていきました。

おしまい!!

髭なしゴゲジャバル – NPO法人 日野福祉の学校  ひのふく (hinofuku.org) 2022年1月

徒然なるままに

大塚喜久子

 私には失語症の妹がいます。久しぶりに会いに行くと、私の顔を見るなり「私が交通事故で死んだ夢をみた」と手振り身振りで、やっとこさ伝えるんです。正夢だと困るなと一瞬思いました。運転が苦手、高齢者になった、もう運転は辞めるように言われています。
その2~3日後に自宅の裏庭でタヌキが死んでいました。とっさに私の身代わりだと妄想しました。タヌキに手を合わせ花を置きました。そしてそのまた2~3日後に、今度は子ダヌキが裏庭を走りました。寒い時期だったので、親が死んでしまい、この寒さの中、おまえも生きて行くのが大変だなと思いました。私はしばらく残飯をあげる事にしました。タヌキ達は敷地内の納屋の下に穴を掘って、そこを寝ぐらにしていると先住人が言うのです。もう10年以上にはなるらしいです(世代交代はしていると思いますが)私は最近引っ越してきたので、餌付けをしていた訳ではありません。せめて子ダヌキが大きくなり、暖かくなるまでと思いました。
1ヶ月ぐらい過ぎたある日、また子ダヌキが庭を走ったので、「ぽんた」「ぽんこ」と声をかけました。残飯を床下に置く時に、いつも声をかけます「ぽんた」「ぽんこ」と。私のダミ声は聞き慣れているはずです。すると子ダヌキは止まって私を見ました。私は「元気で大きくなったか」と聞きました。「ハイ、いつもありがとう」(妄想もいいとこアハハ)と言って走り去りました。
日本昔話には、いろいろな動物達との触れ合いが出てきますが、本当だなという気持ちになります。
福祉の学校でも、たびたび「共生」という言葉が出てきて皆で話合います。近くの我が家の畑には、イノシシ、タヌキ、ハクビシン、鳥達、そして今はサル達に頭を抱えています。作物をことごとく食い荒し、ちょうど良い収穫期をピタリと狙います。他にも、蛇、蚊、ゴキブリ、百足、スズメバチなど。
『共生』難しいな~~~~とつぶやきます。

沖縄に心を寄せて

槇島和治

私が中学生の時、音楽の授業ではじめて沖縄にふれた。教師は今は沖縄在住で八重山文化研究のために東京から沖縄に移住。

「てぃんさぐぬ花」をそのときはじめて聞いたが、いまも耳に残っている。

音楽教師には音楽の楽しみや、背景の文化そして沖縄がおかれている現実、米軍機からの落下物で亡くなる人がいたんだと衝撃的な話も聞かされた。

 高校を卒業、民間企業に就職し、沖縄返還運動やベトナム反戦運動に関心をもった。

「沖縄を返せ」の歌は強く印象に残っている。

 時がたち沖縄海洋博の年に結婚し、新婚旅行で沖縄にいった。

 子育ての時期は職場での労働組合運動、地域での保育運動やPTAなどにもかかわってきた。

 そして娘たちが成長し4女が昨夏より沖縄に移住した。

娘の夫が沖縄出身で地元に帰郷しレストラン経営を秋から開始するためだ。

東京育ちの娘も孫とともにこの1年コロナとの格闘をしつつ那覇で生活基盤をつくりつつある。

夫のご両親も沖縄人らしく、つらいことがあっても「なんくるないさー」と明るく一緒に娘夫婦や孫を励ましてくれることがとてもありがたい。

かつての戦争で沖縄本土を犠牲にして県民の多くが亡くなり、しばらく米軍統治となりいままだ、日本にある米軍基地の70%が沖縄にある。

沖縄だけではなく人権や差別の問題はまだまだ日本国内に山積している。

ホットな課題は旧統一教会からの霊感商法で多くの国民が苦しんでいる現実。

一緒に理事をしている中能氏がよく話されている。

 いま私たちのおかれている日本という国が本気で私たちを愛してくれているのか、真剣に考えなければと思う。

 日野福祉の学校創設のきっかけになったデンマークに学ぶことと同時に、足元の現実から目をそむけず歩んでいきたい。

これからも、ATMで生きていこう!!

梅﨑満洲夫

私は、昨年9月にラクナ梗塞を発症し多少足と言葉に不都合をきたしておりますが、目下リハビリに通っています。周りの皆さんから安否をあんずる声をかけていただき元気に暮らしております。大変ありがたいことです。そして、体を動かす(散歩等運動)ことなど主治医の強力な勧めもあり近くの公園で毎朝行われている体操会に入会し、地域デビユー(公園デビユー)をして2か月になりました日曜日と雨の日を除き毎朝6時10分から6時50分ぐらいまで約40名ほどの元気な皆さんと体を動かしています早起きは何とかといいますしきっといいご利益があると信じて精を出しております。最後に、ある大学の先生がこれからの人生は、ATMで行きましょうと言われておりました。
   A 明るく T 楽しく Ⅿ 前向きに

私はこんなに人見知りだったのか…?

熊谷亜由美

福祉の学校の理事になって、早1年、顔見知りの方はいますが、なんとなく、ここにいていいのか…という気持ちを抱えていました。そして、梅崎さんのあとをついで、市民活動ネットワークの会議などにも出るようになり、長年日野の街で活動してきたのに、知ってる人がいない…。私はこんなに人見知りだったのか…と思ってます。井の中の蛙でいいとは思っていないし、たくさんの人とつながっていく意味も理解しているつもりなのですが…。
20代から、梅崎さんたちに教えを受けて、社会教育の中で、人とのつながりを大切にしてきたはずなのに、こんなに人見知りになっていることに自分でも違和感感じてます。
2年目の今年、福祉の学校の中での自分の居場所を確かにし、それを足掛かりにして、外の世界に出ても物怖じしないようにしていきたいと思います。

一生懸命しかできない

渡邉雅子

人ってなんのために生まれてきたの? 私には何ができるの?
考えても正解は分からない。 では、どうするの?
目の前の事を一生懸命に行う、としか今の私には言えません。

日野ふくには尊敬する先輩がたくさんいらっしゃいます。
世の中に問題意識を持ってどのように考え、どう行動しているかを何気ない皆さんの会話から聞かせてくださり、長期的な視点を教えていただいています。

地域の福祉力を高めよう の志は多くの人が望んでいる事でしょう。
皆様 一人一人の一生懸命を繋げて 志を共にしましょう。

最近、私が「おかしいな?」って思うこと

川松ゆり

1 .介護保険制度が2000年に施行され、「自立支援」と言われてきたのに、1 割負担から3割負担になり、最近では生命保険会社が家族に「長生きをしてほしい」と言わせ、本人は「老後が心配だ! !」と不安な発言をさせて、ジャー ン♪♪ 介護保険のコマーシャルが流れる。高齢者の集まりでは「お葬式費用くらい自分で出したい」と言い、「高齢でも保険に人れるわよ」と優しくつぶやく人がいる。
以前、私の98歳の知人が「保険に入って、自分の身を守れということはそれだけ国が脆弱だという ことですよ」と言われたのを思い出す。
この国は私たち国民を愛しているのかしら?

2.昨日、麻生副総理が言っていたけれど「連合と手組んでいきたい」って! ! 「自民党と手を組むことで給料が上がる」って。「今まで待遇を改善してきたのは自民党でしよ。」だって!! 本当なの? ? 組合運動は何のためにあるの? そういえば、ストライキやデモ集会も聞かないなあ・・。教職員も残業で大変なのに、なんの主張も運動として形になったニュースを聞かない。他の事業もそうだよね。この「連合」の話は以前、銀行が崩壊した時と同じ衝撃だったよ。
この国の構造は、今、どうなっているんだろう?